takeAwalk 遊歩道

■ ミュシャ 展

b0144301_00220082.jpg
地下鉄駅ホームにて


[PR]
by seqtaxus08 | 2017-05-11 00:24 | 美術館・ギャラリ | Comments(1)
Commented by desire_san at 2017-05-28 16:03
こんにちは・
私もミュシャ展を見てきましたので、ブログを楽しく拝見しました。ミシャの美しく輝かしい女性を描いたポスターと、今回のミュシャ展の本命である『スラヴ叙事詩』を比べると、同じ画家が描いたとは思えないほど雰囲気が違うのに驚きましたが、目が慣れてくると『スラヴ叙事詩』のすばらしさがだんだんわかるようになりました。『スラヴ叙事詩』は一見難解な作品のようですが、じっくりと作品の背景を知りながら絵画の中の一人一人の表情を観ながら、それらの人々の気持ちを素直にようとしていると、自然に自分が絵の中に溶け込んで、絵の中の体験をすることができる作品だと気が付きました。

私も自分なりにミュシャと「スラヴ叙事詩」の魅力と鑑賞のポイントを読み解いてみました。ご自身の印象と比べて考えてみる上でも是非目を通してみてください。私の作品の見方についてご感想やご意見などコメントをいただける大変うれしく、感謝いたします。